美容

乾燥を防ぐ

乾燥肌が起きるしくみ

スキンケア

乾燥は肌の悩みで上位にあがることが多く、慢性的に乾燥の悩みを抱えていない人でも、季節の変わり目や冬は乾燥してしまうという人も少なくありません。 乾燥肌とは肌の表面にいちばん近い層である、角質層の肌バリアの機能が低下して起きる現象です。バリア機能が低下した肌の表面はきめが粗くなり、整っていない状態になっています。肌がめくれ上がったようになり、外部の刺激を受けやすくなることで、さらに乾燥肌になってしまいます。 乾燥肌は水分を上手に保つことができず、水分と皮脂のバランスが崩れています。ですから、スキンケアでこのバランスを元に戻すことや、水分をきちんと肌にとどめておけるような状態にしてあげることが大切になってくるのです。

スキンケアは肌をこすらず優しく行ないましょう

スキンケア時に肌をこすったり、強めの力でパッティングしていると乾燥の原因になりますので、肌には優しくふれてあげましょう。 そして、洗顔の見直しから始めてみましょう。お湯の温度が高すぎると肌の皮脂を必要以上にとってしまい、乾燥状態が進んでしまいます。お湯は人肌程度のぬるま湯で、肌に力をかけずに洗います。洗顔料をしっかりと泡立てて、その泡で顔を洗うようにします。 洗顔の後はすぐにスキンケアを始めましょう。洗顔後の肌は水分の蒸発が早いので、化粧水や乳液でお手入れをします。そのときに手で少し温めてから肌へのせるとよいでしょう。ハンドプレスをすると肌への浸透率が高まります。クリームのようなテクスチュアの固いものも温めて使うようにしましょう。